橙マーマレードを作る

知人に分けて頂いた、無農薬の橙(ダイダイ)。

 

2回に分けてマーマレードを作りましたが、1回目はとろみが足りず、今ひとつの出来でした。

 

2回目は、より分けた種に水を加えて煮て、とろみのモトであるペクチンを抽出して加え、果汁も多めにしたところ、とろみ具合が良く、と〜っても美味しいマーマレードができました。

 

 

 

最初は、種を袋に入れて一緒に煮る方法で作りましたが、十分なペクチンが抽出されず、砂糖を煮詰めた時のとろみだけに頼ってしまい、パサついた感じのマーマレードに仕上がってしまいました。

 

今まで、幾度となくジャムを作ってきましたが、マーマレードは煮詰め具合にいつも迷います。

ゆる〜いくらいで、ちょうど良いみたいです。

 

お店で売っている手作りのジャム、いいお値段で売られていますが、安心な素材と砂糖(できれば精製されていないもの)があれば、だれでも簡単に作ることができる保存食です。

一度作ってみたら、「な〜んだ、こんなに簡単!」って思うと思います。

 

お店で買ったジャムはもったいなくて、少しずつしか食べられませんが、自家製ジャムだと値段のことを気にしなくて良いので、余計なことを考えずに美味しく頂けるのも良いところです。

 

いつもお店でジャムを購入しているみなさんにも、ジャム作りに是非トライしてみてほしいと思います。