イタチごっこに終止符!?

イタチの被害に悩まされ、捕獲器を仕掛けて捕獲したのが3月の初めでした。

 

ほっとしたのも束の間、イタチは、つがいでいることが多いらしく、その後も台所にシンクの上にイタチの足跡。

そして、夜中に縁側の屋根裏を騒音を立てて走り回る。

 

そこで、何度か捕獲器をを仕掛けていたのですが、一匹が捕獲され警戒しているのかなかなか捕まりませんでした。

そのため、しばらく捕獲器を置くのをやめて、間をおいて、場所を変えて、もう一度仕掛けたところ、捕まりました!!

 

 

前日の夜は、いつものようにイタチが2階で物音を立てていて眠れず、一度は2階を見に行ったのですが、床に就くとまた物音が・・・
そして、捕まった日の午前中は、2階から今まで聞いたことのない「カリカリ」という音を断続的に立てていました。

 

巣作りでもしてるのかなあ、困ったなあ・・・と思っていたら、捕獲器を仕掛けておいた縁の下から、「ギャッ、ギャッ、ギャッ」という声がして見に行くと、そこには猫が。

 

いえ、猫が捕まっていたのではなく、捕まったイタチを猫がじっと見ていて、捕獲器の中からイタチが猫を威嚇していたのでした。

 

 

ともかく、イタチ騒動はこれで終止符を打てたということで、イタチの生息場所となっていた2階を私たちの住処とすべく、今日は2階を掃除することにしました。

 

すると、押入れの壁に穴が・・・

 

 

聞きなれない「カリカリ」という音はこれだったようですね。
イタチは、2階の部屋から外へつながるショートカットの道を、一生懸命作っていたようです。

 

床をホウキで掃き、雑巾がけをして、きれいになったので、床板に柿渋を塗ることにしました。
毎年8月に作っているアルモンデの柿渋です。

 

 

たっぷりあるので、惜しみなく使えます。

 

 

 

暖かくなったので、そろそろ漆喰塗りもしたいですね。

 

こつこつ、ゆっくり。
映画「人生フルーツ」のようにいきたいものです。