田んぼの草刈り

田んぼの草を刈りながら、私が見ている田んぼの風景。

 

 

朝露をたたえた稲の姿が、とても美しい。

 

今の時期は、ほぼ毎朝、田んぼの草刈りです。
40僂両魎屬貌って草を刈りながら、しゃがみこんだ状態で歩いて前に進みます。
(ふくらはぎがパンパンになります。)

 

稲の分けつが進むと、条間の空間は狭くなり、稲の茎を折ってしまわないように配慮しながらの草刈りです。

 

今年は、水と草の管理がほどよくできていて、稲が健やかに育っている様子。

 

田んぼの草刈りは、8月の初旬まで続きますが、その後は草は生えるに任せます。
そうすると、稲の足元で草も育って、いろんな生き物がそこでいのちを育み、さらに豊かな田んぼへと育っていきます。
コメント