12月の自然の暮らし塾

12月の自然の暮らし塾は、「しめ縄作り」を行いました。

 

今年収穫して脱穀した、自然農のお米の稲わらを使いました。

一度水に浸し、少し乾かしてから使うと、手でより合わせる時に滑らずに稲わらをまとめることができます。

 

ふつうの縄は二つの束をそれぞれ右回りにねじって、そのねじった束を左回りにより合わせますが、しめ縄の場合はその反対になります。

 

今回は、練習で細めの稲束で、みなさんに体験していただきました。

 

 

 

こんな感じにできあがりました。

 

 

 

紙垂(しで)を付けて、赤い布を巻いたら、ちょっとだけ「しめ縄」らしくなります。

あとは、自宅でお好きな飾り付けを・・・

 

 

アルモンデのしめ縄は、このように飾り付けをしてみました。

 

 

 

初めての方も、そうでない方も、しめ縄作りを楽しんで頂けたようです。

 

 

塾生のみなさま、今年はお世話になりました。そしてお疲れ様でした。

来年も、良い年を迎えられますように。

 

2018年1月の自然農の暮らし塾は、田畑の見学と、川口由一さんのビデオ鑑賞、一品持ち寄りの新年会となります。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。
コメント