虫取り朝晩3日!キャベツの収穫

昨年の秋に種おろしをして、冬を越したキャベツ100株。

 

春になると、モンシロチョウが舞い、青虫がキャベツを食べ始めます。

 

まだ結球しない小さなうちは、毎朝青虫を手で取る作業をしていましたが、結球し始めたタイミングに私がちょっと体調を崩したため、しばらく休止していました。

 

キャベツの様子は、時々チェックしていましたが、それほど青虫の被害にあっている様子はありませんでした。
しかし、雨上がりのある朝、キャベツが見違える姿になっていました。

 

 

 

青虫の数が急激に増え、外葉はボロボロ、結球し始めた部分まで侵されていました。

 

 

 

もうダメかもしれない・・・と思いましたが、
それから朝晩3日間、集中的に虫取りをしたところ、またまたキャベツが見違える姿に。

 

 

どんどん結球して、キャベツらしい姿を見せ始めました。
いのちの不思議ですね。

 

今日は、おいしそうに育ったキャベツを二株、初収穫することができました。

 

自然農を実践し始めて6年目。
こんなに立派なキャベツを収穫することができたのは、初めてのことです。

 

外葉がこんなにボロボロになっても、結球し始めたらほんの少し手を貸すだけで、有難い実りを頂くことができ、自然の営み、いのちの営みに感謝です。

 

 

 

本日の収穫・・・キャベツ、ラッキョウ、ニラ。
コメント