キウイ棚を作る

今年2月に苗木を植えたキウイが、ぐんぐん生長して私の背丈を追い越してしまいました。

 

 

 

棚を作るのは、だいぶ先だと思ってのんびり構えていましたが、急きょキウイ棚を作ることになりました。

 

ほんとうは、廃材を使って木で作りたかったのですが、時間的な余裕がなかったので、単管パイプを使って作ることにしました。

ホームセンターで、お店の人にアドバイスを頂きながら、単管パイプと組み立てるためのクランプ等の材料を揃えました。

 

単管パイプ2m×6本
単管パイプ2.5m×2本
単管パイプ1m×4本
直交クランプ×8個
自在クランプ×8個
キャップ×4個
単管ベース×4個
砂×1袋

 

それから、単管パイプの構造物が、少しでも自然の風景に馴染むように塗装をするためにペンキも購入。

 

 

材料を揃えた翌日、朝いちばんで、単管パイプに塗装しまして、ペンキを乾かしている間に朝ごはん。

 

 

 

 

最初は、単管パイプとベースを使って現場合わせで直角をとり、ベースの位置を決めたのですが、いざ組み立てようとしたら合わない!?
結局、きちんと糸を張って、計算して直角を出し、位置を決めてやり直しでした。

 

位置が決まったらベースを埋める穴を掘り、5センチほど砂を入れてからベースを置き、埋めます。

 

 

 

ここまでが大変でしたが、あとはベースの穴に単管パイプを差し込んで、クランプを使って組み立てるだけ。

 

初めての棚作りで、試行錯誤しながらの作業でしたが、なんとか1日で出来上がりました!

 

 

キウイが収穫できるようになるには、3〜4年かかるそうですが、この下にベンチとテーブルを置いて・・・と、夢が広がります。
夏の日差しが強い時期には、気持ちの良い休憩場所になるといいなと思います。
コメント