1月の自然農の暮らし塾 (2017年度 最終回)

昨年の3月から始まった「自然農の暮らし塾」は、今月が2017年度の最終回となりました。

 

1年間を通してということで始めたので、1回足りない計算になりますが、来月から新しい形での「自然農の学びの場」となりますため、1月をもって最後とさせていただくことにしました。

 

今回は、結熊自然農園の田畑を見学したのち、1品持ち寄りのお話会(新年会)でした。

 

 

●田畑の見学の様子

 

道の田の 大根、コマツナ、ワサビナの畝

 

下の田 ダイコン

 

 

下の田 小麦(苗床を作って定植)

 

 

下の田 キャベツ

 

 

下の田 ニンニク

 

 

 

実習田での記念撮影

 

 夏からマイ畝に挑戦したKさんが、毎週のように通って、畝を作りジャガイモやニンジンを立派に育てられました。
 また、年末には、草刈りや水路の整備等もして下さり、全体を美しく整えてくださいました。
 刈払機は使いましたが、水路の整備や石垣の清掃等は、ほとんど手作業で、ここまできれいになりました。

 

 

昨年の3月は、このような状態でした。Kさん、本当にお疲れ様でした!

 

 

●一品持ち寄りのお話会(新年会)

 

塾生の皆様の手作りの品々。
それぞれのお人柄と思いが、お料理に現れて、賑やかで楽しい美味しい食卓となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理を囲みながら、ひとりひとり、この1年の振り返りや近況報告、そして「今年の抱負」を述べました。
「自然農の暮らし塾」で体験したことを、それぞれの暮らしの中で振り返ったり、考えたり、感じたりしておられて、大変嬉しく思いました。

 

初めての試みの中、私たちも至らないところや、実現できなかったことも多々ありますが、塾生のみなさまに助けられて、1年間やり通すことができ、感謝の気持ちです。
ほんとうに、ありがとうございました。

 

それぞれの思いの実現に向けて、確実に歩んでいかれますよう、お祈りしています。

 

 

 

来月からは、予約申し込み不要の、誰でも参加できるオープンな形の「結熊自然農学びの場」となります。
毎月第3日曜日 9時半受付、10時スタートとなりますので、ご興味を持たれた方は、是非ご参加ください。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。